MENU

Hirofumi Suzuki / 鈴木啓文

Hirofumi Suzuki’s enduring practice, spanning over 30 years, takes the form of simple pencil drawings. Produced quickly, in large numbers and predominantly focusing on common aspects of everyday life, Suzuki’s drawings invest a value in a subject that may on the surface seem a touch mundane. Repeated journeys in various forms, provide the impetus for nameless portraits, or landscapes of nondescript urban locations.

The importance for Suzuki, however, lies as much in the activity as in the output – the act of stopping and focusing on a scene and then spending what may only be half an hour carefully recording the subject, transcends the mundane into something altogether more significant.

鈴木啓文 彼の作品は実にシンプルだ。スケッチブックと鉛筆だけ。絵を本格的に描くようになった高校時代から30年程の間に、数え切れぬほどのクロッキーを描き続けている。電車の中で過ぎ去った名前も知らない人たちの肖像、いつの間にか変わってしまっても、誰の気にも留められない街の風景。いつもどこかで、スケッチブックを広げ鉛筆でその視線の先にあるものを写している。

彼は、今この瞬間に立ち止まり絵を描こうと思うことが大切だと言う。30分でも絵を描こうと立ち止まると、何とも思わなかったような目の前の景色が、とても面白いものに見えてくる。今目の前にある世界を丁寧に写し、残していく事、それはいつの時代にも美術根幹にある、とてもシンプルで大切なテーマであると気付かされる。