water water camel の4枚目のアルバム、「おんなのこがわらう時」のディスクレビュー

water water camel の3枚目のアルバム「さよならキャメルハウス」がリリースされたのは、確か2009年の冬だったか。だから今回のアルバム「おんなのこがわらう時」は 約3年ぶりのリリースという事になる。

なかなか、大変な(やっかいな?)アルバムを作ってくれたものだ。いや、しかしとても多くの事を考えさせられるアルバムだ。

まず、始めにさらっと流して全体を聴いた印象としては、こじんまりとした曲が多いなという印象を受けた。過去のアルバムに収められていた、「最後の飛行船(1st AIR SHIP)」「花がよくにあう(2nd 花がよくにあう)」「運命のアラサー(3rd さよならキャメルハウス)」といった曲達の様な1度聴いただけで多くの人の心を掴む、強烈なフックの効いた曲はこの新しいアルバムには見受けられない。少し肩すかしを食った様な感じだ。しかし、何度か繰り返し聴くうちに、これまでのアルバムとは少し違う、僕の心を捉えて離さない薄い膜の様な何かの存在が気になりだした。その何かの存在をここで少し確かめる事が出来ればと思っている。

water water camel のメンバー3人は、2008年の終わりに2002年から6年に渡って続けた東京郊外の一軒家での共同生活を解消し、2009年に前作「さよならキャメルハウス」をリリースしている。今になって聴けばあのアルバムもなかなか凄いアルバムだったのだ。東京の丸の内に大地震にやってくるという、「運命のアラサー」で幕を開ける。音楽は未来を予見するとしばしば言われるけれど、2年後の2011年になって本当にとてつもない地震が日本を襲ったのだ。そして、ゲンパツは吹っ飛びグラウンドゼロが生まれた。僕はあの日以降、ゲンパツを端に浮かび上がった様々な矛盾や問題を離れて、生活をおくれなくなってしまった。それはもう、立ち尽くしてしまっていると言ってもいい。そして、やはり音楽を聴くという何でもない事においてもそうなってしまったのだ。しかし、それでも僕は、やっぱり音楽にこそ未来への希望を持ちたいと思っている。

そうして、彼等から届いた新しいアルバム「おんなのこがわらう時」である。今回はこのアルバムの”サウンド”に焦点を絞って探ってみたい。冒頭にも書いたが、今回のアルバムを通して聴いた時に感じた、こじんまりとした曲が多いという印象、それはこのアルバムを通してのサウンドプロダクションから来ているのではないかと思う。各曲で曲調は色々とあるのだけれど、サウンドは一貫していて、アルバム全体として一つの確かな質感を残している。恐らくこれは前作からの流れでもあるのだろうが、ハイファイでバランスがよく耳に馴染みやすい音、細部まで聴き取る事が出来る、という従来のCDとしてのパッケージで求められてきた音への追求は捨てられている。どの曲をとって聴いてみてもローファイで、ザラザラした音、そして細部を聴くためよりも歌、ギター、ベース、ドラム、彼等の演奏した空気迄も取り込んでしまった様な、全てが一つの固まりとなった音が聴こえて来る。大きな物語に触れる為の様な、アルバムを通しての流れに気を配った音だと分かる。これまでのアルバムがカラフルな色に彩られた詩編だったとするならば、今回のアルバムはモノトーンの静かで雄大な一つの物語だと言えるかもしれない。

もし、上の僕の思い込みの様な感覚が正しければ、これはなかなか挑戦的なアルバムなのかもしれない。何しろ今はiTunes が全盛で、曲はお好みの曲を1曲ずつ買えて、iPhone で他のアーティストの音源とシャッフルして聴いたりする時代なのだ。レコードを買ってアルバムを通して楽しむ時代は遥か彼方、幻としてすら存在していないのかもしれない。そんな時代に彼等はこの音楽達をアルバムとして聴いてはくれないかと、この物語を読み解いてはくれないかと投げかけている。

僕は今、彼等のこの新しいアルバムを聴きながら、数百年前のアメリカ大陸を思い浮かべている。未知なる大陸へと新たな希望を求め、ヨーロッパを離れた人々が築いた国。そして、南北に分かれて自由を求め戦いを繰り広げた国。そんな果てしない逃避行を応援する様に勇気づける様に市民の中で歌われ続けた「アメージング・グレイス」や「バーバラ・アレン」がwater water camel の歌と重なる様な気がするのだ。僕達はこれから、負ける事があらかじめ決められた物語の中を生きていかなければならなくなってしまった。果てしない逃避行になろうと、ここが終の住処と覚悟を決めようと、微かな希望の火を灯す様に歌を歌う事は出来る。そして、傍らにはそっとこのアルバムを置いておくのだ。