アート

  1. 鈴木啓文

    彼は30年以上鉛筆とスケッチブックで、街を切り取り、通り過ぎる人を描いてきた。きっと僕が見ている世界と彼が見ている世界は、何かが決定的に違うのではないだろうか。…

  2. 渡部真由美

    どことなく哀愁を感じる、独特のフォルムを持つ生き物達の絵。どこか宗教と通ずるような信仰としての絵画の姿。wassa が100年先の未来に残したいと思っている物と…

  3. 大柳美和

    見えない物を信じるという事を、いつの間にか忘れてしまってはいないだろうか。彼女はすり減って行く様な自分自身の感覚と、白んで行く世界の狭間で、キラキラと輝く光の粒…

  4. ツダモトシ

    自分の想像通りの物なんて面白くない。真剣に迷子になって、必死になって線を手繰って、たどり着いた先にふと顔を上げたらそこは出口だった、そんな物を作りたい。…

  5. 西絢香

    西絢香は、物語の人だ。物語とは言葉を連ねる事のそれではなくて、物が語る、“モノガタリ”だ。彼女の作品を見ていると、かつて存在していたのかもしれない誰かの、ささや…

  6. 坂本ミン

    アーティストという分類の人間にとって、当たり前の様な「作品」を「残す」という感覚は、彼女にはあまり無いらしい。森羅万象がそうである様に、いつかは崩れ、バラバラに…

リコメンド

  1. 100年後の未来に残したいモノ

    原康浩
  2. 企業分析

    【企業分析】ペガサスミシン 2
  3. 企業分析

    【企業分析】ペガサスミシン
  4. News

    ドキュメントブック:彼方に吹く風
  5. 投資

    初めてのベトナム株投資
PAGE TOP