message from “Miraiken”

We’ve restarted webmedia “Miraiken” on spring 2020. Now I would like to feel blowing the wind from “Miraiken (territory around future)” with artist’s voices.

私たちは、10年前に比べても猛烈なスピードと量の情報に日々追われています。幾千、幾万もの、「今」「ここで」「私が」感じている事で、この部屋の小さな隙き間まで埋め尽くされていくような感覚です。時に窒息しそうな息苦しさは、いつから感じていたのでしょうか。

2011年、あの大きな地震と原発の爆発は、私がただ一つかろうじて信じてきた世界を大きく揺さぶりました。芸術は、音楽は、この世界に有効な表現活動なのでしょうか。半ば何かにすがるように、身近にいるアーティスト達に「100年後の未来に残したいモノは何か?」と聞き始めたのです。

彼らの発した未来への言葉は、私にある確かな重みを与えてくれました。未来へ想いを馳せる事は、やはり希望です。「今」「ここ」ではない彼方へと想像力を向ける事。そして私たちのいない、遠い未来に想いを繋いでいきたいと、そう思うのです。

“Miraiken” is a word by Kenji Miyazawa.

Send to students / Kenji Miyazawa

中等学校生徒諸君
諸君はこの颯爽たる
諸君の未来圏から吹いて来る
透明な清潔な風を感じないのか
それは一つの送られた光線であり
決せられた南の風である

諸君はこの時代に強ひられ率ゐられて
奴隷のやうに忍従することを欲するか

今日の歴史や地史の資料からのみ論ずるならば
われらの祖先乃至はわれらに至るまで
すべての信仰や特性は
ただ誤解から生じたとさへ見え
しかも科学はいまだに暗く
われらに自殺と自棄のみをしか保証せぬ

むしろ諸君よ
更にあらたな正しい時代をつくれ

諸君よ
紺いろの地平線が膨らみ高まるときに
諸君はその中に没することを欲するか
じつに諸君は此の地平線に於ける
あらゆる形の山嶽でなければならぬ

宙宇は絶えずわれらによって変化する
誰が誰よりどうだとか
誰の仕事がどうしたとか
そんなことを言ってゐるひまがあるか

新たな詩人よ
雲から光から嵐から
透明なエネルギーを得て
人と地球によるべき形を暗示せよ

新しい時代のコペルニクスよ
余りに重苦しい重力の法則から
この銀河系を解き放て

衝動のやうにさへ行はれる
すべての農業労働を
冷く透明な解析によって
その藍いろの影といっしょに
舞踏の範囲にまで高めよ

新たな時代のマルクスよ
これらの盲目な衝動から動く世界を
素晴らしく美しい構成に変へよ

新しい時代のダーヴヰンよ
更に東洋風静観のキャレンヂャーに載って
銀河系空間の外にも至り
透明に深く正しい地史と
増訂された生物学をわれらに示せ

おほよそ統計に従はば
諸君のなかには少くとも千人の天才がなければならぬ
素質ある諸君はただにこれらを刻み出すべきである

潮や風……
あらゆる自然の力を用ひ尽くして
諸君は新たな自然を形成するのに努めねばならぬ

ああ諸君はいま
この颯爽たる諸君の未来圏から吹いて来る
透明な風を感じないのか

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment