News

スパイスと銀貨について。

月夜と少年では、2016年より展覧会やイベントを開催するにあたって、「スパイスと銀貨」という、少し実験的な支払いの仕組みを取り入れています。イベント自体には興味がないけど、文化的な活動は応援したいという人たちも、何かモノを作っている人たちも一緒にイベントに参加し、アーティストを支えられる仕組みです。

実験的に取り入れているこのシステム。実は、昔からあった人々の営みなのかもしれません。芸術もお金も根本を辿っていけば、目の前にあるモノの価値を保存し、交換できるようにならないかと考えて生まれたコミュニケーションツールの一つだったはずです。

大昔の人はきっと、育てた牛を、どうすれば長くいつまでも手元に置いておけるかと考え、牛の絵を洞窟に描き、どうすれば牛を公平に隣の人と分け合えるかと考え、牛を貝殻に置き換えたのです。そして、世界が広がって、食料を保存し遠くへ運ぶためにスパイスは大変重宝され、また遠い地の珍しい草木は絵で記録され、時には銀貨よりも価値を持った時代がありました。ところがいつの頃からか、芸術は美術館の高い壁に囲まれ、お金も得て貯める事自体が主目的の社会が当たり前になってしまいました。 そこをこれから解放できないかなと考えています。とにかく、芸術もお金もコミュニケーションのツールとして取り戻したいのです。

そこで、月夜と少年で企画するイベント・展覧会では、いくつかの料金の支払い方法を設定しています。

1.) 【事前支払い】イベント・展覧会に足を運べない人が、オンライン決済で自分の思う金額を支払って、アーティストへの共感を表明できます。 イベント・展覧会には行けないけど、「スパイスと銀貨」という新しい試みに参加したいという方はぜひ参加して下さい。

2.) 【事後支払い】イベント・展覧会に足を運んでいただける場合は観覧後、ご自身でその価値を判断して見合った「スパイスと銀貨」の金額をお支払い下さい。

3.) 【現金以外の支払い】例えば、もし展覧会にお越しいただいたあなたがお米を作っている農家さんなら、ぜひともその自慢のお米を「スパイスと銀貨」としてお支払い下さい。もちろんお米でなくても、あなたの作った自慢のモノで、イベント・展覧会の価値と見合うようなモノなら何でも(出演・出展しているアーティストとも分けられるモノだと嬉しいです。)、「スパイスと銀貨」としてお支払いいただけます。

みなさんからお支払い頂いた「スパイスと銀貨」から、アーティストへの制作費・謝礼、会場維持費、イベント・展覧会運営費など経費を支払います。 イベントの収支が赤字になる場合は月夜と少年のデザイン、ライティング、コーディネート業務など他の事業で得た報酬から補填します。もし、月夜と少年にお仕事のご依頼をいただければ、それも「スパイスと銀貨」だと言えるかもしれません。

この取り組みに賛同して頂ける方は、月夜と少年のページへお進みください。→ スパイスと銀貨

関連記事

  1. どこかのアトリエから

    藤田陽介

    ここ数年、身近にいるアーティスト達が都会を離れ、田舎で暮らし始めている…

  2. 企業分析

    【企業分析】 ジーダット

    さて。今日(10月26日)発表になった中間決算を見て、ジーダットと言う…

  3. 100年後の未来に残したいモノ

    西絢香

    西絢香は、物語の人だ。物語とは言葉を連ねる事のそれではなくて、物が語る…

  4. 企業分析

    【企業分析】電業社機械製作所

    今日は、投資判断をする上での実務的な部分を少し書いてみたい。投資という…

  5. Gallery

    作品集 / 白水麻耶子

    「アトリエ / 2014」, 「夜と笑って、かえるところ / 2014…

  6. 企業分析

    【企業分析】ペガサスミシン 2

    数年投資をしていると、どうしても気になる企業というのが出てくるのです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リコメンド

  1. Gallery

    作品集 / ツダモトシ X 大柳美和
  2. News

    ドキュメントブック:彼方に吹く風
  3. 投資

    谷に橋を架ける。
  4. 100年後の未来に残したいモノ

    原康浩
  5. 100年後の未来に残したいモノ

    朝弘佳央理
PAGE TOP