2014年 1月

  1. 100年後の未来に残したいモノ

    原康浩

    雨上がりの午前中、原康浩のアトリエを訪れた。ここから何かが始まりそうな新しい空気に心が弾んだ。彼の言葉の端々には小さな決意が含まれていた。…

  2. 100年後の未来に残したいモノ

    鈴木啓文

    彼は30年以上鉛筆とスケッチブックで、街を切り取り、通り過ぎる人を描いてきた。きっと僕が見ている世界と彼が見ている世界は、何かが決定的に違うのではないだろうか。…

リコメンド

  1. 100年後の未来に残したいモノ

    大柳美和
  2. アート

    良心の領界 / スーザン・ソンタグ
  3. 企業分析

    電業社機械製作所 分析 1
  4. News

    ドキュメントブック:彼方に吹く風
  5. アート

    memorandum / 古橋悌二
PAGE TOP